大学受験のいろいろ

中学受験をする子供たちの多数は、大学受験まで視野に入れていると思います。特に私立大学の付属中学を受験する場合は、6年後にその大学に入ることも視野の片隅には入れている人も多いのではないでしょうか。
しかし、大学付属の中学を受験する過程で、「大学受験が楽でいい」と考えている人は少数ではないでしょうか?多くの場合、付属中学は地元トップクラスの学力を持っている優等生が入るでしょうが、付属している大学の偏差値はおうおうにして低めであることがケースとしては多いからです。多くの優等生たちは、さらに偏差値の高い大学を探して大学受験勉強をしているのではないでしょうか?私の地元でも「フゾク」といえば優等生の代名詞ですが、付属元の大学はいわゆるFランクの大学でした。

中学受験の準備

中学受験に関する情報を紹介していきます。
中学受験に向けての準備は、いつごろから始めたらいいのでしょうか。ある統計によると、4年生から準備に入るご家庭が多いようです。4年生から家庭学習の習慣を本格的に身につけさせ、5年生からは進学塾へ、というパターンをとるご家庭が多く見られます。
塾といっても大手の進学塾、個別指導塾、地元の中小塾、個人塾など様々な種類がありますね。家庭教師という方法もあります。うちの子供にはどんな塾が合うのだろうか、と頭を悩ませる親御さんも多いと思いますが、どのように選択すればいいのでしょうか。
「やっぱり実績のある大手進学塾がいいわ」と考えがちですが、まずは、お子さんがしっかりと学習できる環境であるかどうかが最も大切だと思います。